» *♦集まれアート♦*のブログ記事

アートビリティ登録作家のみなさま\(^o^)

例年よりも、お知らせが遅くなり申し訳ございません><!!!
今年も、株式会社竹尾2018年度バナーカレンダー 絵柄募集のお知らせをする時期となりました!!

◎竹尾バナーカレンダーとは

株式会社竹尾様が1975年より制作販売しているもので、封筒に入ったコンパクトな縦型のカレンダーです。
オフィスや店舗、ご家庭の小さな空間を豊かに演出し、生活に潤いと安らぎを作り出すインテリア小物として、また手軽に郵送できるギフト、グリーティングカードとして末永くご愛用していただけます。


▼▽▼募集要項▼▽▼

【条 件】

・明るい絵柄であること。
1年間を通して室内に掛けられる絵柄であること。
・縦長のフォルムを生かした絵柄であること。
・縦柄の合理性に基づき、縦長を分割して表現することも可。(例:春夏秋冬で4分割の絵柄にする等)
・応募時に、作品のタイトルを作品の裏にご記入下さい。

【仕 様】

・仕上がり絵柄サイズ:幅106mm×高さ376mm
※天地左右にそれぞれ3mmずつトリミング(切り取り)されますので、
 それを考慮した絵柄およびレイアウトにして下さい。
・カレンダーは台紙をはさんで三つ折りで、洋長3封筒(予定)に封入します。

【使用料】

3万円(10月下旬にお振込み予定)完成した竹尾バナーカレンダー35をお送りいたします。

【応募締切】

20175月19(金)必着※

【結果発表】

7月頃、アートビリティホームページにて発表予定。
また、ご応募頂いた全作品は7月の定例審査会にて審査させていただき、アートビリティの登録作品となる場合もございます。ご返却は審査会後となりますのでよろしくお願い申し上げます。

【採用された場合】

プロフィールおよび作品の制作意図(200字程度)を株式会社竹尾様のリーフレットやWebサイトへの掲載などで、使用させていただく場合があります。
ご承知の程、ご応募下さい。


ここで、過去の竹尾バナーカレンダーをご紹介したいと思います(^^)/

左から→

(クリックすると、作家の作品ページへ飛びます!)

2011 岡村陸矢さん 4796「白黒どうぶつのブレーメン2」

2012 湯浅恵美子さん 4963「春・夏・秋・冬」

2013 大志田洋子さん 9177「あいらしい季節」

2014 大志田洋子さん 9375「小さな幸せ」

     Momocaさん 9332「花を届ける人Ⅱ」

2015 ミィさん 9739「散歩日和」

2016 岡村陸矢さん 9996「花のうさぎ葉っぱのうさぎ」

2017年 大志田洋子さん 5349「あいらしい時」


アートビリティ以外の作品もご参考までにご紹介します♪

バナーカレンダー_2014

バナーカレンダー_201502\今年も、皆様の力作をお待ちしております

-T-

日頃よりお世話になっております、『S.P.ビームス株式会社』様のイベントのご紹介です。
今回のリーフレットには、登録作家のカミジョウミカさん(登録作品一覧)の「ちょっと出っ歯なサルちゃん」が使用されました。


キッズフェスタ2017

第16回 子どもの福祉用具展
アンダー18

【開催日】
4月15日(土) 10:00~17:00
4月16日(日) 10:00~16:30
※最終入場は、16:00まで!

【4月15日(土)のみ】
出展社主催セミナーが行われます!
詳しくはこちらをご覧下さい→http://www.kidsfesta.jp/timetable/

【場所】
TRC 東京流通センター
第一展示場
〒143-0006
東京都大田区平和島6丁目1番1号

【入場料】
無  料

【主催】
子どもの福祉用具展実行委員会

【お問い合わせ】
子どもの福祉用具店実行委員会 主催事務局
S.P.ビームス株式会社 永尾様、横田様
TEL:03-5207-6493
住所:〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町34番地 東和神田ビル6階

◎アクセス
Google Mapはこちらから!

電車の場合

東京モノレール「流通センター駅」隣接
・JR「浜松町駅」から10分
・「天空橋駅」(京浜急行乗換え)から6分
・羽田空港第1ビルから11分
・羽田空港第2ビルから13分

バスの場合

京急バス「流通センター前」バス停下車
・JR「大森駅」 東口5・7・9番乗場から12分
・京浜急行「平和島駅」から5分

お車の場合

・屋内駐車場(キッズフェスタ専用駐車場)
・立体駐車場(他イベントと共用)
・ 利用料金
¥1,000/1日(キッズフェスタ会場入り口の受付にてサービス券を発行いたします。)

♪キッズフェスタ2017HPはこちら♪

お近くの方、ご興味のある方など、ぜひ足をお運び下さいませ~^^

-T-

 

新年度になりまして、早速素敵なお知らせが届きましたよ~(^-^)
登録作家のカミジョウミカさん(登録作品一覧)より、今年初の個展のお知らせです♪

 


「カミジョウミカ展-

新作4点を含めた平面絵画作品、ミクストメディア作品、計20点の展示!!

※本展では、作家は在館いたしません。※

期間:2017年4月1日(土)~6月11日(日) ※月曜日休館、祝日会館
時間:9:00~17:00 ※最終入館は16:30
入館料:さざなみギャラリーABCのみの入館は無料 ※美術館の観覧は有料
場所:諏訪市原田泰治美術館内2階 さざなみギャラリーABC
住所:〒392-0010 長野県諏訪市渋1792-375
TEL:0266-54-1881
FAX:0266-54-1882
MAIL:haradamu@taizi-artmuseum.jp

◎アクセス


■JRの場合
・中央本線「上諏訪駅」下車(美術館まで約2km)
バス・タクシー:約10分
徒歩:諏訪湖畔沿いに30分
■お車の場合
・中央自動車道、諏訪ICから10分(約5km)

\さらに詳しく知りたい方は、こちらをクリック!/


お近くの方はもちろん、少し遠いな~と思われている方も2ヶ月にわたり開催されますので、GWの候補にぜひ、いかがでしょうか(^o^)/

☆諏訪市原田泰治美術館のHPはこちらから☆

-T-

🌸みなさんは風呂敷を持っていますか?🌸

わたしは数枚持っていますが、実際使っているのは2枚だけ。
1枚はカーテン替わりに、もう1枚は棚の目隠しにしています。

むす美★新作発表会★

この度山田繊維株式会社さまというふろしき専門メーカーに、アートビリティ登録作家の日輪浩司さん(登録作品一覧)の作品を〝アール・ブリュットふろしき〟として使用して頂きました✨

アンテナshopである「むす美」さまの新作発表が、代官山ヒルサイドテラスにて行われましたので、スタッフ3名でお邪魔してきました~^^

こちらが日輪浩司さんの作品を使用した風呂敷です!!
ジャ―――――ン!!

// ものすっごくかわいいToT!! \\

日輪さんの描く楽しい動物、山、植物がくねくね模様としてデザインされて、
四隅のワンポイントもイカしてます!
お弁当包みはもちろん、首にスカーフとして巻いてもとってもステキ★
たくさんの方に使っていただけるといいなぁ。

◎山田繊維株式会社さまは京都の地で風呂敷製造卸売業として創業。
「ふろしき専門メーカー」として、日本の心が育んできた「ふろしき」という美意識を、進化し続ける生きた文化として、商品開発と共に普及活動に取り組んでいらっしゃいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アール・ブリュットふろしきシリーズは3種類。他に大阪のエイブルアートカンパニーさまや京都の天才アートさまの作品と一緒に商品となりました!

/  三者三様でどれもかわいい・・・全部欲しい・・・ToT  \

一部ではありますが、他の商品もご紹介~^^
包み方1つ変えるだけで表情を変える風呂敷たち🌸

こちらのユニークな商品は、こちゃえというデザイン・ユニットとのコラボレーションものです↓
(こちゃえさんは普段、折紙という古典的な世界で「折紙をもっとポップに!」をキーワー ドにグラフィック折紙を制作しています^^)

こちらはkatakataという型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作するクリエイティブユニットとのコラボレーション商品です↓
ゴリラの風呂敷はリュックになります。この包み方は商品開発後、試行錯誤の末に思いついたんだそうです!!

他にも、mina perhonen(ミナペルホネン)KIGI(キギ)などとの協同開発も手掛 けています。

↑水を弾く風呂敷シリーズ!!布一枚で傘替わり!??


↑さらには〝むす美で包もうコンテスト〟を開催★

一般の方たちの暮らしの溶け込んだふろしきの使い方や、新しいアイデアなど微笑ましい風景を垣間見てみよう、といったものです。
今までは公募展でしたが、初めての試みとしてインスタグラムでの募集!^^すてきなアイディアが沢山集まりました💛

いろんな取り組みをされていて素敵だなァ~🌸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

包み布の生活文化圏は世界にも多くありますが、日本の風呂敷ほど実用性、デザイン性に富み、加えて作法まで備えたものは他に例を見ないそうです。

〝包む〟ことで面白く、美しくなる。ステキすぎて1つ1つ夢中になって見てしまいました~~!💛

ご案内頂いた山田繊維株式会社ご担当者さま、ありがとうございました^^!

〈サイトリンク〉
山田繊維株式会社
むす美

‐A-

アートビリティ登録作家のカミジョウミカさんから素敵なお知らせです^^

- FLAT展 開催 -

元麻布ギャラリーにて、2月21日(火)から始まっているグループ展に参加中です!!
以下詳細です。

・・・・・・FLAT展とは?・・・・・・

障がいのあるなしに関わらず、作品そのものをFLATに感じてもらいたい、作品をFLAT、つまり横並びに展示して「障がい者アート」という概念を超越していきたい、との願いを込めています。FLAT展の活動が既存の福祉を変え、新たな価値創生の原動力となることを信じて、[FLAT ]というコンセプトを発信し続けています。

 

〈企画〉studio FLAT

・・・・・・・・・・・・・・

会期

〈日程〉2月21日(水)-3月4日(土)
〈時間〉 12時-19時 ※最終日17時まで
〈交流会〉2月26日(日)14時-16時

元麻布ギャラリー

〒106-0046  東京都港区元麻布3-12-3
★都営大江戸線麻布十番駅7番出口より 徒歩5分
★東京メトロ南北線麻布十番駅4番出口より 徒歩5分

元麻布ギャラリーのホームページ


【ワークショップ】

ヤマダジュンヤ「みんな誰でもヒゲめがね」
参加費:1000円
3月4日(土)13時-16時

【connect project】

参加費:無料
2月25日(土)13時-15時
connect project講師 大平 暁

connect  project とは?

全国の障がいのある人達が通所している作業所で行われているさをり織りの残り糸をつなぎ、それを有償で譲り受け、更に色々な人達でつないでいくプロジェクトです。
それぞれの地域で行われているさをり織りの残り糸を色々な人がつないでいき、形にします。アートによってつながっていく、新たな価値の創出を体験してください。

🌞最後に、studio FLATを運営されている大平 暁さんが、以前、クラウドファンディングをされた際の記事がございましたので、下記リンクよりご紹介致します🌞

障がいに関わらず1人のアーティストとして作品を発表する場を

-A-

★本日より4日間!★
キラキラっとアートコンクール優秀賞作品展
およびアートビリティ登録作家展が開催中です

キラキラっとアートコンクールとは?

「キラキラっとアートコンクール」は、障がいのある子どもたちの可能性を応援したい、との想いから2002年に始まりました。応募していただいた全作品はホームページで公開し、優秀賞受賞作品は作品展会場で多くの方にお楽しみいただきます。また、応募作品はこれまで、様々な企業の冊子やカレンダーなどに使用されています。このコンクールをきっかけに、子どもたちが絵を描くことをますます好きになり、笑顔や自信をはぐくみ、才能や可能性が広がっていく、そんなコンクールでありたいと考えています。

キラキラっとアートコンクールHPより抜粋)

三菱地所株式会社様が主催のコンクールで、アートビリティはこちらの事務局を任されております!
そして、アートビリティにはキラキラっとアートコンクール出身の作家が20名います

本日スタート🌸東京丸の内での作品展で、キラキラっとアートコンクール優秀賞を受賞した51作品と一緒に、出身作家の作品も展示して頂いています~~~!^^

★作品展の日程と場所★

◎2017.2.21(火)~2.24(金) 11:00-19:00
◎丸ビル(丸ビル1階のマルキューブ)
〒100-6390 東京都千代田区丸の内2丁目4−1
詳しい交通情報は下記リンクをご覧ください。

▼△▼アクセス▼△▼

🌞エネルギーに満ちた絵71作品、是非観にいらしてください🌞

-A-

アートビリティで審査員をしてくださっている高木真紀さんも出展されている、第29回平泉展のお知らせです。

自然を想う新世紀芸術の始動、日本初の楽しい展覧会です!

特定非営利活動法人平泉会(所在地:東京都練馬区、理事長:保坂良平)は、第29回平泉展を開催します。
平泉展は、1989年(平成元年)練馬区立美術館より「平和と文化のわく泉」の心と、「誰でも描けます」の合言葉で絵画制作を一般の方々に身近なものとして発足しました。
国立新美術館が新設された2008年に第20回平泉展を開催し、今年で9年目を迎えました。
世界でも全く新しい発想で新しい芸術創造には心身の大洗濯から始めたい。
誰もが「愛」の心豊かなら、手作業する人は純真な真実の「美」に近づけるのは確実です。
手作り出来る元気な[心]が人間に慈しみを生じ、豊かな社会環境と真の芸術が生まれます。道徳やモラルに目覚め、21世紀の純粋な真実の芸術創造は私達、平和な泉湧く平泉会からと確信しています。自然を愛し、音楽を愛し、手作り作品(平面と立体)を愛し制作して、人間形成と健康になることを目指して、子供から大人まで楽しめる展覧会です。

【会期】

2016年1月25日(水)~2月6日(月)
午前10時~午後6時(入場〆切午後5時30分)
1月31日(火)休館 最終日午後2時閉会(入場〆切午後1時)

【入場料】 無料

【会場】  国立新美術館(東京、六本木)

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
【主催】  特定非営利活動法人平泉会

〇アクセス

電車

  • 東京メトロ千代田線乃木坂駅
    青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
  • 都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
  • 東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から 徒歩約5分

バス

  • 都営バス
    六本木駅前下車徒歩約7分
    青山斎場下車徒歩約5分
  • 港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂
    循環ルート六本木七丁目下車徒歩約4分
    ※運行系統、バス乗場については各事業者にお問い合わせください。

※美術館には駐車場はございません。周辺にある有料駐車場をご利用ください。

お子様も楽しめる展覧会となっておりますので、是非ご家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか☆

-M-

アートビリティ登録作家の応募も多い、
ポコラート全国公募vol.6受賞者展が開催中です!!

Place of “Core+Relation ART”

POCORARTとは
『障がいのある人・ない人・アーティストが、核心の部分で相互に影響し合う場』
という理念を示す名称。

―荒野の表現者たち―

「ポコラート全国公募 vol.6受賞者展」では、2016年夏に開催された「ポコラート全国公募展 vol.6」で選出された受賞者7名の作品を紹介します。
作品部門では入選作品154点の中から審査員や来場者により受賞作品6点が選ばれました。
選者それぞれが選んだ作品たちは、制作の動機や背景のみならず、素材、手法、主題など全てが異なります。
会期中にはワークショップ部門受賞企画も実施します。
ポコラートでの受賞をきっかけに隣り合うこれらの作品を見る貴重な機会、ぜひお見逃しなく。

日程:     2017年01月07日(土)~2017年02月05日(日)

時間:     12:00-19:00

休み:     会期中無休

料金:     無料

会場:     アーツ千代田1F 3331 Gallery
住所〉〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 旧練成中学校

【お問い合わせ】
ポコラート全国公募事務局
アーツ千代田 3331内(担当:嘉納様、清水様)
〈TEL〉03-6803-2441/代表
〈MAIL〉
pocorart@3331.jp

主催:千代田区、アーツ千代田 3331
特別協賛:中外製薬株式会社
協賛:三菱地所株式会社

◎アクセス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・東京メトロ

銀座線「末広町駅」4番出口より徒歩1分
千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩3分

・都営大江戸線「上野御徒町駅」A1番出口より徒歩6分

・JR
「御徒町駅」南口より徒歩7分
「秋葉原駅」電気街口より徒歩8分
「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩15分

☆ポコラートのHPはこちら☆

アートビリティには無い立体造形作品や、さらにはワークショップ部門の受賞作などもあり、様々なテイストのアートをお楽しみいただけます。
寒風が厳しい季節ですが、暖かいアートに触れて、心をポカポカにしてみませんか?

-M-

そういえば、昨年末・・・

「SMAP×SMAP」が最終回を迎えました。
私はそこまでSMAPの大ファンという訳ではありませんでしたが、スマスマは好きで20年前の開始当初から良く見ていました。
そのSMAPが間もなく解散する事実をこれほど寂しく感じるのは、我々の生活の中にあるのが当たり前の存在になっていたからでしょう。

今でこそアイドルがお笑いをやるのは当然という風になっておりますが、その先駆けはSMAPだったそうです。

そして、障害者アートの先駆けであるアートビリティも、SMAPのような、存在することでみんなが明るくなる、そんな存在でありたいと願っております。

SMAP、フォーエバー!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さて、昨年11/30~12/10の期間、Jギャラリー&カフェにて開催されました。

第28 回 アートビリティ大賞 原画展」の様子をレポートいたします!

遅くなり申し訳ありません(>_<)💦受賞者3名の作品を展示いたしました。

アートビリティ大賞
よし介工芸館さん

日立キャピタル特別賞
ミィさん

アートビリティ奨励賞
水ノ上 茉優さん

〇また、アートビリティプラスの商品の販売も行いました。



期間中、多くの方にお越しいただき、アートビリティを、作家を、作品を知っていただくことができました。
本当にありがとうございました。

本年も池袋マルイさんでの展示販売会もあり、その後も様々なイベントを予定しております。
もっともっとたくさんの方々にアートビリティを知っていただけるようスタッフ一同頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

引き続き、いつもお世話になっておりますJギャラリー&カフェからのお知らせです!

現在Jギャラリー&カフェでは紙・糸・布×art 展」が開催中です!!!

 

会期:2016年12月17日(土)~2017年1月28日(土)
時間:水曜日~土曜日の午後2時~7時
休廊日:日・月・火 ※ご注意ください。

会場:Jギャラリー&カフェ

〒114-0023 東京都北区滝野川6-56-14
TEL  03-5972-4425

★アクセス★
Google map

・JR埼京線【板橋駅・東口】より徒歩4分
・都営三田線【新板橋駅・A2出口】より徒歩5分

千葉県千葉市の社会福祉法人九十九会が運営する「まあるい広場」では、主に牛乳パック再生の紙、色とりどりの糸を操った織り、刺繡やミシンの縫いによる布を手作りしています。

バラエティ豊かな作品をお楽しみください。

‐M-

本年も、残すところあと10日あまりですね。

宇宙誕生から約150億年、地球誕生から約46億年、人類誕生から約600万年…。
その長大な歴史から見たら、この時期あちこちから聞こえてくる「一年経つのめっちゃ早い~」なんて嘆きは大した問題ではないように思えてきませんか?

早々に「お前は何を言っているんだ?」とツッコミが入りそうなので、さっそく本題へ!

北区の文化芸術拠点であるココキタより、素敵な作品展のお知らせが届きましたのご紹介いたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

感性の作品展
「ひとりひとりの才能に目をむける。」 開催中

a%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7e%c2%a8a%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7e%c2%8f

東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ(豊島5-3-13)で、感性の作品展「ひとりひとりの才能に目をむける。」が開催中。12月25日(日曜日)まで。入場無料。

これは、北区内の身近でなじみの深い風景や行事などをテーマに、知的障害等のある人らが描いた感性豊かな作品を展示し、障害者の作家としての評価をさらに高めていくことを目的に開催するもの。

会場では、都電や王子狐の行列、飼い猫など、北区内の風景や日常生活の中の風景から誕生した作品90点が展示され、作家の個性が力強く表現された作品を通して障害者の感性や才能の一端に触れることができる。(写真:会場の様子)

161116-1

この作品展は、NPO法人あいアイやJ’GALLERY&CAFEなど、創作活動を通して障害者の自立を支援する団体の協力のもと、観る人に展示作品から力強い個性や才能を感じ取ってもらい、知的障害等のある作家が将来的に作家として収入を得ることができるよう、作家への社会的な評価をさらに高めていくことを目的に開催されている。

ココキタは、「今回の展示は、絵を描いて自立していきたい障害者の方々の作品を中心に展示をしている。

作品を通して、作家と感性でつながるコミュニケーションをお楽しみください。」としている。

また、会場では、先着500名に鶏をテーマにNPO法人あいアイで活動する作家が描いた酉年ポストカードがプレゼントされる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【開催日時】

平成28年11月15日(火曜日)~12月25日(日曜日) 午前9時~午後8時

【休館日】

毎週月曜日

【開催場所】

東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ(豊島5-3-13)(外部サイトへリンク)
オープンギャラリー1・2、文化資料コーナー

【交通】

JR京浜東北線王子駅・東京メトロ南北線王子駅・都電王子駅前を下車後、
王子駅前バス停(都バス)より「豊島五丁目団地行・宮城循環・西新井駅行」に乗車し、

  • 豊島五丁目団地下車 徒歩3分
  • 豊島六丁目下車 徒歩3分

a%c2%9ca%c2%9b%c2%b3

【主催】
公益財団法人北区文化振興財団

【特別協力】
NPO法人あいアイ、J’GALLERY&CAFÉ

【協力】
やまなみ工房、スタジオクーカ、アートインクルージョン、ACTIVE

【関連イベント】
みんなで、作品鑑賞会

  • 日時:平成28年11月27日(日曜日)、12月18日(日曜日) 各日午後1時~4時 ※途中退席可
  • 会場:東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ(豊島5-3-13)
  • 内容:作家による公開制作とギャラリー鑑賞
  • 費用:無料

 東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ

「文化の創造と人々の交流を育むまち」というコンセプトのもと、旧豊島北中学校校舎を改修して誕生した、区民の文化芸術活動を応援する施設。館内には音楽やダンス、演劇の練習や、絵画や彫刻など様々な創作活動が行えるよう、スタジオやアトリエ、多目的室、作品を展示できるオープンギャラリー、また、若手アーティストの活動拠点となるレジデンススペース、軽食を楽しめるカフェ『ぱれっと』などもあり、北区の文化芸術活動の発信・交流の拠点を目指している。

(平成28年11月16日プレスリリース)

ココキタのHPはコチラ!

【内容のお問い合わせ】

公益財団法人 北区文化振興財団
電話:03-6338-5711
お問い合わせ
所属課室:政策経営部広報課報道・ホームページ
東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番
電話番号:03-3908-1102

今、熱い街・北区には、ココキタ以外にも様々な観光スポットがございますので、こちらにも足を運んでみてはいかがでしょうか!?★北区観光情報はコチラ!★

25日までの開催となっておりますので、ご興味ある方はお早めにどうぞ!

-M-

Artbilityからのお知らせ

CALENDAR

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 訪問者数

    • 今日までに 361470