作品の撮影などでお世話になっている、和田高広カメラマンの作品展示会が、東京神楽坂で7月20日より絶賛展示中です。
8月10日(金)までとなっておりますので、お近くの方は是非足を運んでみてください^^

和田さんが精力的に取り組んでいる湿板写真を中心に、湿板写真を鶏卵紙にプリントした作品など十数点を展示しているそうです✨
幕末に輸入されたガラス湿板による写真技法は、その後に発明されたガラス乾板の流行によって、短い期間で廃れた技法です。
コロジオンという粘性の強い液体でガラス表面に皮膜をつくり、その上に感光剤として硝酸銀溶液を塗布し、乾燥する前に撮影するという作業行程により、独特の風合いが出ます。

和田さんは明治期に湿板写真が盛んだった頃の写真を研究し、露光時間を6秒前後に設定して撮影しています。
被写体が静止する短くも長い一瞬の緊張感が、明治期の写真の表情に近づけています!

現在ほとんどが姿を消してしまった湿板写真館を日暮里に復活させたことは、TVや新聞、ラジオなど数多くのメディアで紹介されている、今注目のアーティストなのです🌷

【会期】

7月20日(金)~8月10日(金)
開廊:火曜日~土曜日
12時-19時
※日・月はお休み※

【会場】

eitoeiko

〒162-0805
東京都新宿区矢来町32-2
TEL:03-6873-3830

🚩アクセス

🚃交通🚌

東京メトロ東西線 神楽坂駅より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅より徒歩10分
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅より徒歩12分

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Artbilityからのお知らせ

CALENDAR

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 訪問者数

    • 今日までに 491200