» 2019 » 6月 » 25のブログ記事

2019年のコロニー中野の旅行は、6月14日)に「長瀞」に行って来ました。
その週では、旅行日だけ雲ひとつない晴天に恵まれて、最高の旅行日和になりました。

移動は今年も、観光バス電車とに別れて、GO・ゴ・GO!
電車移動班は、バス移動の集合に比べて30分早めの出発になり、
お昼に間に合うように着かなくてはならなかったので、乗り継ぎなどでもスリル満点でした。
バス班は、カラオケ号映画号に分かれて到着までのひとときを、
おのおのの時間の使い方で楽しんで行きました。
バスの振動が心地良くて寝ていた人もいたかと思います。

◆ ◇ ◆

観光の班分けは、博物館見学班自然散策班と、それに両方少しずつ観光の班でした。
自然散策班では、長瀞荒川ライン下りの発着点である岩畳を目指して、
緑豊かな公園横の道路を延々と1キロほど歩いて到着し、そこでは15分ほど滞在しました。
ここでも岩の上を歩いたり、腰かけて休憩するなどそれぞれに楽しんでいたようでした。
「まるで墨絵のような風景だ!」

博物館の入り口を入ってすぐに見上げた視線の先に巨大ザメの複製が吊されていました。「ド、でかい!」
地層や骨格の標本、アンモナイトなどの化石を見る事で、
「ここ秩父長瀞って、地球の歴史が見られる貴重な場所なんだな」と、思いました。
企画展では、野外の危険な物(イノシシ・シカ・クマなど)の「さわれるはく製」が
「やさしくさわってください」という注意書きと共にありました。
その動物ごとに触り心地を試した人の中から、意外に堅いや意外に柔らかいの声も、聞こえました。
カラスが集めた巣用ハンガーもあり、何よりも異様さを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

往きの西武線では新特急のLaviewも見られて、鉄道ファンにとっては
おいしいひとときでした。
帰りの電車内では今年開催されるラグビーワールドカップの吊し広告があり、
大変な気運の高まりを感じました。

コロニー中野
今年も電車移動tsukio(まとめ)
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7