» 生活介護のブログ記事

気づいたら、裏の畑のフェンスに緑のカーテンが揺れていました。
春先に生活介護のみんなが蒔いてくれた『フウセンカズラ』です。
白色の小さな花と紙風船のようにふくらんだ果実が風に揺れてとても涼しげ。
果実が茶色くなると中からタネがはじけます。
黒字に白いハート模様の丸いタネ、これがまたかわいい♡
来年も咲きますように。

果実は上から見ると3角

かわいい花がまだまだあり、
当分楽しめそう!

タネには白い♡の模様
果実の中にはタネが3つ入っている♪

ちなみに花言葉は、「あなたと共に」と「あなたと飛び立ちたい」。
コロナ禍で1年半以上、さまざまな人と会えないと嘆いている人たちに、
力を与えてくれそうで。力になります。

コロニー中野
物販係:畑見守り人
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

最近の「ころ・ころ」はサンドイッチ類が充実しています。

パンの種類もいろいろ、卵や野菜などの具がたっぷりで栄養満点です。
見た目もカフェ風でとってもおしゃれ☆

最近入荷された「マイティリーフ」のオーガニック紅茶は、
サンフランシスコ生まれで世界の名立たる高級ホテルで愛飲されているそう。
フルーティで品の良い香りに包まれると、ちょっとセレブになった気分です(^^)

ランチのあとは、店内で販売している手作りのプリザーブドフラワーやアクセサリをながめてみました。

 

生活介護の利用者のみなさんが作った「マスクチャーム」は色も形もかわいらしく、
憂鬱なマスク生活も明るい気持ちになるので、おすすめです。
一つ300円なので、服に合わせていくつか持っておくのも楽しいですよ♪

I.M.
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

少しだけ南の島へ行ったような気分になれる植物…
その名もなんと、オクラです!!
よーく見ると、花はハイビスカスにとても似ています。
見て楽しい、食べておいしいオクラ!生活介護の利用者さんと絶賛、収穫中です。

「ミニトマトが弾けて地面に落ちてるよ!」との一報が。
生活介護のメンバーと急いで収穫に向かいます。
早く採らないともったいない!
日々、世話をし、収穫した利用者さんから、
「うれしい」という言葉を聞くことができました。
その一言がとてもうれしいです。

コロニー中野
生活介護支援員Y & K
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

生活介護では、4階テラスにおいて、
プランターによる栽培を何種類か行っています。
中にはもっと大きな麻袋による栽培も行われています。

名前を聞けば馴染みもありますが、
なかなか現物を見ることがないのもあり、この時点では分からないものもあります。

ここはフェンスもあり、害虫による被害は少ないと思われましたが、
4階なのに、てんとう虫やカマキリの幼虫も現れ、
気がつけば、てんとう虫は成虫になり旅立っていきました。

1階の路地栽培同様、
このような環境下でもしっかり育ってくれることを
期待しています。

ローズマリー

サトイモ

奥左 パセリ、手前左・中 オクラ、手前右 バジル

他に いちご・ランも

コロニー中野
tsukio
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

今年もサツマイモを植える季節がやって来ました。

昨年、イモというよりもはや赤紫色の『根』を収穫することとなり、
とても苦い思いをしましたが、良い経験となりました。

(こういう残念な物もありました)

昨年の反省を生かし、
研究を重ね、冬から落ち葉を集めて漉(す)き込んだり、
自作したボカシ肥料を混ぜ込んだり、
市販の鶏糞肥料を混ぜ込んだりと化成肥料をあまり使わずに、
なおかつ土壌の改善に努め、
ゴールデンウィーク後からの本格的な作業開始に向けて準備していました。

果たして今年はしっかりとしたイモができるのでしょうか?

後は、お陽さまなどの自然環境に大いにゆだねる事になります。
上手くいきますように! 秋の収穫が楽しみです!

コロニー中野
生活介護支援員 YAGI
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

夏に花が咲き、年度が変わり、新生活に向けて心ときめく頃にオレンジ色の実がなる植物といえば…。
そう、「キンカン」ですね!
今年も、コロニーで採れました!!大豊作です(^^)

利用者さんのお仕事としては、立ち仕事のできる方には収穫を手伝ってもらい、
車椅子を利用されている方には袋を広げて待ってもらうといった形で、
利用者さんそれぞれの強みを生かして収穫を行っております。

利用者のAraiさんたちが
収穫を手伝ってくれました

紙袋いっぱいに採れた
見事なキンカン

 

農薬を使っていないため、少々種が気になると思いますが、
『生で安全に食べられる』とご好評いただいております。
また、他にも甘露煮や果実酒の材料として使用している方もいらっしゃる様です。
(この下の2点の写真はイメージ写真(フリー画像)です)

また来年もおいしいキンカンが採れますように(*^-^*)

コロニー中野
生活介護支援員 YAGI
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

体力維持”と“身体の機能低下防止”が目的で、
車椅子上で自ら動かす運動や、職員に支えてもらいながらの運動をやっています。

このような運動をしています
●足首の反らす・伸ばす
●膝伸ばし
●両脚開き
●背伸び
●廊下の手すりを使用してのつかまり立ち
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■などです。

 

10分弱ですが「継続は力なり」という言葉のとおり、
毎日この運動をはじめてからは、ヒザの痛みが前よりも緩和された気がします。
そして一番変わった事、以前よりも自宅での日常生活が、スムーズに送れるようになった事です。

私の場合は、日常生活が車椅子上で生活する事が多く
何の運動もしないと身体が動かしづらくなり、バキバキに固くなってしまうので、
このような運動は大変ありがたく感謝しております。

コロニー中野
物販・生活介護 Hosoya
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

コロニー中野の駐車場に入る時の生垣に
黄色の花が咲きました。

「この春らしく黄色に咲く花は、何て名前なんだろう。」と、
去年咲いたのかと記憶をたどっても、周りの人たちに聞いても、
はっきりせず、今年が初めて咲いたように思いました。
名前は、すぐに『ミモザ』だと分かりました。

そしてあのサラダで有名なミモザかとも思いましたが、
サラダのミモザは、ミモザ風にしているものだというのも分かり、
確かにミモザの黄色は、ゆで玉子の黄味のように美味しそうに感じます。

もう1つ、
イタリアでは女性にミモザを贈る「ミモザの日(3月8日)」という日があるらしいですね。

まさか可憐に花咲く今が、コロナでこんなに大変になっているとは、
ミモザ自身も思いもよらなかったと思いますが、
確実に、ご近所の方々など、私たちの心を癒してくれています。

コロニー中野
tsukio
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

ベーカリー ころ・ころ」において、
生活介護や、物販係で作られたオリジナルグッズを販売しております。

プリザーブドフラワーの他、
マグネットフラワー・フェルト生地を使った「お鍋のマグネット」や
ブレスレット・マスクチャームなどの販売をしています。

ぜひ、いかがでしょうか。
コロニー中野
生活介護 & 物販 & ベーカリー ころ・ころ
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7

生活介護では毎週金曜日、プログラムの時間を設けています。

1月22日は江古田の森公園へ。
青空で、暖かい日といっても1月なので、
皆さんジャンパー着用でしたが、
散歩するうちポカポカ、汗がうっすらと……
広場で休憩時には、ジャンパーは皆さんの腕の中へ。

日なたぼっこをしながら、
『コロナが落ち着いたら、どこ行きたい?』の問いかけに
「北海道」・「ハワイ」・「沖縄」等々という答えが…。

話に花が咲いていると、急に歌声が~!!
利用者さんの“一人カラオケ”でした。
手を叩いて喜ぶ人・体をくの字にして笑う人、笑顔の花があちこちに……。

利用者さんからは、
「リフレッシュすることができました。」
「天気が良く、ボールを持ってくれば、皆で出来たかも」
という感想がありました。
なるほど……。

体もホッコリ、心もホッコリ。
一足早い春を感じたひとときでした。

イラスト Arai.S

コロニー中野
生活介護支援員 Seko
〒165-0023 東京都中野区江原町2-6-7