Author Archive: ホームページ委員会S

「ARTBILITY+」が池袋マルイにてイベント販売を行います。

「ARTBILITY+(アートビリティプラス)」とは、アートビリティ自らが登録作品の活躍の場を広げるため、そしてオリジナルグッズを販売することを目的として立ち上げたブランドです。

2016年秋、株式会社丸井様のご協力のもと中野マルイに期間限定ショップをオープンしました。
今回は池袋マルイにて、2週間のイベント販売を行います。

会期:2017年1月27日(金)~2月9日(木)
時間:11時00分~20時30分
会場:池袋マルイ4階

みなさん、ぜひ「池袋マルイ」にお越しください。お待ちしております。

ARTBILITY+、商品等の詳細はこちらです。

年末年始休業のご案内

コロニー東村山、コロニー印刷では下記の期間、年末年始休業とさせていただきます。

期間:2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)

2017nengaアートビリティ登録作品:「食事中」 祐谷敦志

※今年の年賀状のデザインには祐谷敦志さんの作品を使用しました。

2017年1月5日(木)より通常営業となります。
よろしくお願い致します。

アートビリティカレンダー2017年版 販売開始!!

毎年ご好評いただいております 『アートビリティカレンダー』2017年版を販売開始しました。
アートビリティ作品で、一年を通して彩りと温かみをお楽しみください。

壁掛けタイプは、越前鳥の子和紙を使用、風合いにこだわりました。ご使用後はミシン目をたどって作品部分を切り取り、フレーム等に設えていただけるとご鑑賞用としてお楽しみいただけます。
卓上タイプは、日常で使用しやすいサイズ・デザインになっております。身近に実用的にご利用いただきました後、キリトリ線で切り取っていただきますと、ポストカードとしてさらにご使用できるデザインになっております。

アートビリティカレンダー2017壁掛けタイプ・卓上タイプ、共に名入れが出来ます!!

価格

  • 壁掛けタイプ・卓上タイプ、1,000円

お申し込み締め切り

  • 2016年12月初旬
  • 名入れをご希望の方は、50セットから承ります。11月末までにアートビリティのお申し込み用紙にてお申し込みください。

購入方法

アートビリティカレンダー2017

アートビリティとは?

東京コロニーの一事業であるアートビリティが、業務の都合により、事務局を平成28年7月19日より中野営業所から東村山営業所に一時移転することになりました。
お世話になります。どうぞ宜しくお願い致します。

アートビリティがどんな事業であるのかご存知ない方もいらっしゃると思いますので、今回は改めてアートビリティのシステムや理念をご説明させて頂きます。

~アートビリティとは?~

アートビリティの目的東京コロニーが、アートの分野でも彼らの持っている才能を活かし、収入に結びつけることを目的として始めた事業です。

クライアント様・作家との関わり方

アートビリティの仕組み審査を経た作品をアートビリティのアートライブラリーに登録。それをストックし、企業・団体様に様々な形で貸し出しをすることによって、作家に使用料をお支払いするシステムとなっています。

審査会・合格基準

アートビリティの基準『メディア(媒体)で使用されることを前提として作品をセレクトしています』

審査員は美術作家ではなく、広告代理店などで活躍しているグラフィックデザイナーを中心に構成されています。クライアントの希望にマッチするかどうか、そしてメディアに使用されることがイメージできるかが審査基準です。
「障害を持った方が描いた作品」としての価値ではなく、「作品そのもの」の価値をみています。よって障害の重さ、種類はもちろんのこと、描いた本人の画歴も審査には一切影響されません。

作品の使用例

アートビリティの作品使用例年間、約300点が企業カレンダーや機関誌の表紙絵などに多数使用して頂いています。

アートビリティの考え方・可能性

才能があっても障害があるが故に、納期やクライアントの要望に応えるといった社会システムの中では、その力が発揮できない場合もあります。作家が自分のペースで自分の描きたいものを描き、作品をアートビリティに登録することで使用され、利益が還元されるアートビリティのシステムです。
アートビリティの活動は、あくまで自分たちの事業内容基準にマッチした作家を応援することであり、ささやかな支援にすぎません。
しかし登録作家には、作品が使用された際に正当な使用料をお支払いしていきたいと考えています。アートビリティは、そんな考えから生まれた、小さくても大きな可能性を秘めた事業です。

△▼△アートビリティホームページ△▼△

↑上記リンクよりすべての登録作品を閲覧できます。
アートビリティの世界を是非覗いてみてください。

ARTBILITY+というブランドを立ち上げました

アートビリティが「ARTBILITY+」というブランドを立ち上げました!

「ARTBILITY+(アートビリティプラス)」とは、自らが登録作品の活躍の場を広げるため、そしてオリジナルグッズを販売することを目的として立ち上げたブランドです。

アートビリティプラスDMそしてこの度、株式会社丸井グループのご協力により中野マルイに期間限定のショップをオープンすることができました。

会期:2016年10月17日(月曜日)~ 31日(月曜日)
時間:10時30分~20時(31日は、10時30分~19時まで)
会場:中野マルイ2階
ブランドアイテム:トートバッグ、Tシャツ、ポーチ、ペンケース、バンダナ、一筆箋、ポストカード、カレンダー

みなさん、ぜひ「中野マルイ」にお越しください。お待ちしております。

ARTBILITY+、商品等の詳細はこちらです。

アートビリティ+のリンク

今年もやってきました!祭りの季節

9月10日(土)に開催する、「第36回コロニー祭」に向けての準備を行っています。
今年のキャッチフレーズは

一丸 今年も熱いぞ コロニー祭

第36回コロニー祭

第36回コロニー祭

ポスター&チラシも完成しました。また、オリジナルメモ帳・オリジナルカレンダー・模擬店・子供コーナーや、司会等の担当やチーフも決り準備を進めております。

舞台

子供たちに大人気の「パントマイム」と「風船アート」、美人ママさん達の美声「ゴスペル」、年配の方に人気の「民謡」、トリを飾るのは浦和大学の学生さん達による「エイサー」と今年も盛りだくさんです。

模擬店

オリジナルカレンダー、オリジナルメモ帳作り、子どもコーナー、焼きそば、焼きとり、鉄板焼き、揚げ物、カレー&喫茶、生ビール・ジュース、ナイスハートバザール など

詳細は順次、このブログでお知らせしていきますので、お見逃しなく。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


会場:コロニー東村山 東村山市秋津町2-22-9
お問合せ:042-394-1111(コロニー祭実行委員会 千葉・岩崎まで)
主催:社会福祉法人東京コロニー コロニー東村山
後援:東村山市・東村山市社会福祉協議会・読売新聞/YC東村山/YC久米川/YC秋津/YC富士見/YC東村山中部/YC東久留米

コロニー東村山ごあんない
■JR武蔵野線新秋津駅より 徒歩15分
■JR武蔵野線新秋津駅より 久米川駅行きのバスに乗り「野行」下車

夏期休暇期間のご案内

誠に勝手ながら、コロニー東村山では下記の日程を夏期休暇とさせていただきます。

夏期休暇期間
2016年8月11日(水)~8月15日(月)

8月16日(火)より通常営業となります。
何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

コロニー2016暑中見舞いアートビリティ登録作品:「牧場」千葉芳男

日帰り旅行2016(日本科学未来館~フジテレビジョン)
~当日編~

以前、こちらのブログで「~下見編~」をお伝えしておりましたが、今回は5月28日(土)の旅行日当日の様子をお伝えしたいと思います。

出発~現地到着までの様子

今年の行き先は、日本科学未来館とフジテレビジョン。下見編でお伝えしたように、一部の方たちには電車を乗り継いで移動していただきました。
電車移動組は、5つの班で24人おり、それぞれが簡単な移動ではなかったようです。事前に移動経路・乗り換えのモデルコースを各班に配っておりましたが、実際には切符購入に苦労したり、乗り換えに時間がかかったり、なかなか予定通りには事が運びません。最初の目的地である日本科学未来館には11時の到着を予定していましたが、5班中3班は遅れての到着となりました。
また、バス移動組も苦労があったようです。目的地の近くにバスを停めることができず、ある程度歩かなければならなかったため、長距離の歩行が難しい方には大変な思いをさせてしまいました。

昼食の様子

昼食は仕出し弁当にしました。小さなことかもしれませんが、これも初めての試み。飲食店で食べる場合とは違って、片づけも自分たちでする必要があり、進んで片づけを買って出てくれた人がいて大変助かりました。あらかじめ担当を決めておくべきだったと反省しています。

みんなでお弁当

旅行後アンケートの結果報告および感想の紹介

旅行後にアンケートを取ったので、結果および感想を紹介したいと思います。

「楽しかった」という意見の方が9割弱。去年よりは割合は低いのですが、まずまずの評判だったようです。

具体的な感想としては、

  • 電車移動がとても良かった
  • グループ行動で、同じ班の人とのかかわりが密になり良かった
  • 電車で行くには遠すぎた
  • 日本科学未来館でたくさんの展示があって楽しかった
  • 近場がいい
  • 都内じゃないほうがいい
  • 訪問先の情報を事前に教えてほしかった
  • 金曜日のほうが良かった

など。

食事についても、今回初めて仕出し弁当でしたが、7割以上の方に「良かった」と答えていただけました。

具体的な感想としては、

  • いろんな味が楽しめて良かった
  • もっとボリュームがほしかった
  • おいしかった
  • もう少しゆっくり食べられるとよかった
  • 温かいものが良かった

など。

いろいろドタバタがあり、反省することが多々ある旅行でしたが、特に電車での移動は新鮮な経験でした。参加した皆さんの感想を参考にしながら、来年の旅行に役立てたいと思います。

コロニー東村山 旅行委員会

アートビリティ事務局一時移転のお知らせ

みなさま、いつもお世話になっております。

この度コロニー中野の一事業であるアートビリティは、業務の都合により、事務局を平成28年7月19日よりコロニー東村山営業所に一時移転することになりました。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご高承の上、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。


新所在地: 〒189-0001 東京都東村山市秋津町2丁目22−9

TEL : 03(5988)7155(アートビリティ事務局)
TEL : 03(5988)0523(キラキラっとアートコンクール事務局)
FAX : 042(397)8117(仮ファクシミリ)
期間 : 平成28年7月19日~平成29年3月末日(仮)


アートビリティ審査会の作品発送先につきまして

7月の審査会は7月5日(火)を予定しております。
したがって、7月の審査会はこれまで通り、中野の住所に作品を送って下さいますようお願い申し上げます。
9月の審査会より、移転先へお願い致します。

下記のリンクより作品を閲覧できます。

△▼△アートビリティHPはこちら△▼△

アートビリティの世界を是非覗いてみてください。

日帰り旅行2016 ~下見編~

今年も日帰り旅行の季節が巡ってまいりましたが、従来とはちょっと趣向を変えることにしました。大した違いではないように思われるかもしれませんが、今回はバスの台数を減らし、一部の方々に電車を利用していただくことにしました。コロニー東村山としては初めての試みということもあり、旅行委員長の私とI氏(車イス利用)の2名で、下見に行ってまいりました。

下見のポイントになるのは、切符の割引購入方法と乗り換え時や現地での移動経路の確認です。

・切符の購入方法について

最初の目的地のあるテレコムセンター駅へは、西武池袋線秋津駅から電車に乗り、東京メトロ有楽町線、ゆりかもめ、と3つの鉄道会社の電車を乗り継いで行きます。切符の購入方法について秋津駅の駅員さんに直接聞いてみたところ、割引運賃の場合は路線をまたいで購入することが出来ないとのこと。駅員さんのアドバイスに従い実際の経路で移動してみて、それぞれの駅での切符購入・運賃清算方法や窓口について、知ることができました。

・移動経路について

フジテレビジョンの最寄りの台場駅では、改札を出て右手に見えるフジテレビジョンの建物に向かって進んでしまうと、エレベーターが無く車イスではたどり着けません。今回同行したI氏が元々知っていた情報ではありましたが、実際に現地に足を運んでみて、直接確認できたのは良かったと思います。

他にもいろいろと気になるところを確認してまいりましたが、なんといっても大切なのは旅行参加者のみんなが楽しんでもらうことです。そういった意味で、日本科学未来館は、企画展も常設展も面白そうで、楽しんでもらえるのではないかと思っております。

旅行後にまた報告いたします!