ペット自慢

我が家のペット自慢 file03.りん&れん

「我が家のペット自慢」第3弾はDTP係から、Oさんの愛猫2匹!

「りん」ちゃん「れん」くんの姉弟、1歳半です。

お姉ちゃんのりんちゃん

弟のれんくん。旦那さんの足を噛み噛み中

 

里親募集のホームページで偶然見つけ、ひと目で気に入り飼うことに。その時の写真がこれです。

飼ってよー

 

O家に来たばかりの頃は不安なのか、こんな感じで姉弟で寄り添って震えていました。

「弟よ~」「お姉ちゃ~ん」

 

でも今ではすっかり慣れて、人懐っこくなり家に誰が来ても寄っていきます。りんちゃんは隙あらばヒザに乗ってくるし、れんくんは足にスリスリしてきます。甘えん坊でかわいい!

でもりんちゃんはOさんのヒザの上に乗っていても、旦那さんが来るとなぜかそっちに移動してしまいます。旦那さんのほうが好きだから?それともひざの乗り心地がよいの?

さあ、どうかな?

 

れんくんはアルパカのぬいぐるみが大のお気に入り。

いつも首根っこをガブっとくわえて移動するので、アルパカは家のいろんな所に転がっています。いつもくわえてばかりいるから、すぐにボロボロに。二度も買い直してすでに三代目です。

 

箱があれば、とりあえず入ります。

宅配の荷物が届くと、ひとまず段ボール箱は猫たちのものに。ひとしきり遊んでぼろぼろになったら、ようやく畳んでしまうそうです。

 

2匹とも無口でめったに鳴いてくれないのがOさんの不満なところ。猫らしく、もっと「ニャー」って言ってほしいのに…。

 

じゃれて闘っているときも、お互いに無言です。

「……!」「……!」「……!」「……!」

無言で闘い、無言のまま終了。

何ごともなかったように2匹でくつろぎます。

仲良し

 

野良猫の来客にも無言で塩対応。

 

好きな食べ物は、まぐろやチキンのウェットフードや、ちゃおちゅーる。
ごはんに出ると興奮して、この時ばかりは「ニャーニャー」鳴くそうです。

 

家の人が出かけるときも全然さびしそうなそぶりを見せず、クールに見送りお留守番。いつも2匹一緒だから、さびしくないのかな?

 

以上、Oさんの愛猫、りんちゃんとれんくんでした!

おやすみ~

紹介するペットを募集中!

「我が家のペット自慢」では引き続き、紹介するペットを募集しています。うちのペットを紹介してもいい、ぜひ紹介したい!という方は、お近くのホームページ委員にお気軽に声をかけてくださいね! 紹介していただいた方には、ペットの写真入りクリアファイルを1枚プレゼントしまーす。

 

我が家のペット自慢 file02.ゆえ

「我が家のペット自慢」の第2弾!
今回は支援係Hさんの愛犬「ゆえ」ちゃんです。


ゆえという名前は中国語で「月」という意味の「ユエリャン」から来ています。H家にやって来たのが9月だったので、中秋の名月にちなんで付けたそうです。

 

メスの柴犬。
飼い始めたきっかけは、今住んでいるマンションに住み始めた時。長年、犬を飼いたいと思っていたHさんのお父様が、犬が飼えるマンションに引っ越したのを機に、生まれたてのゆえちゃんを手に入れたそうです。それが15年前のこと。ですから今は15歳。人間でいうと80歳くらいのご高齢です。

ベランダに面した窓の前がお気に入りの場所。

 

自立心が強く、しつこく構おうとすると「放っておいてよ!」とばかりに噛みついてきます。飼い始めたころは一緒にじゃれ合ってくれたのですが、だんだんと相手にされなくなってきたとか。散歩中にリードを外すと勝手にどこかに行ってしまい、あとで自力で家に帰って来ることもあったそうです。

飼い主の布団に侵入して占拠中。一見かわいく見えますが、 邪魔したら噛みつくぞと威嚇している顔です。

 

ただ、Hさんにとって大切な人の前では、とたんに人懐っこくなり、しっぽを振ってお腹を見せることも。その辺は空気を読んでくれて、飼い主に恥をかかせません。賢い!

でもHさんがあまり好きでない人の前だと、ぞんざいな態度になるそうです。つまり自分がHさんにどう思われているかは、その時のゆえちゃんの態度でわかるということですかね。

・・・・・・・。

 

ゆえちゃんを飼い始めた時期に、同じマンションで7匹くらいの犬が飼われ始めたそうですが、今でも元気なのはゆえちゃんのみ。飼い主の厳しい食管理のおかげでしょうか。

ベランダに雪が積もった~

雪に足跡つけるの楽しい~

以上、Hさんの愛犬「ゆえ」ちゃんでした!

 

紹介するペットを募集中!

「我が家のペット自慢」では引き続き、紹介するペットを募集しています。うちのペットを紹介してもいい、ぜひ紹介したい!という方は、お近くのホームページ委員にお気軽に声をかけてくださいね! 紹介していただいた方には、ペットの写真入りクリアファイルを1枚プレゼントしますよー

【新企画スタート!】
我が家のペット自慢 file01.たんこ

今回より始まりました新企画。「我が家のペット自慢」です。

第1弾は営業部から、Hさんの愛猫「たんこ」ちゃんです。

メスの6歳。
名前の由来は、端午の節句の日にもらわれてきたから。娘さんの友だちの家で野良猫が生んだ日本猫です。Hさんは「たんちゃん」と呼んでいますが、旦那さんはホラー映画の主人公に似ているとの理由で「ダミアン」と呼んでいます。

そうかな?

 

生後2ヵ月くらいでH家にもらわれてきた時は、怖かったのか2日間、壁と棚のすき間に隠れて鳴き続けていたそうです。

生後6ヵ月くらいの時。

 

撫でられたり、だっこされたりするのがキライ。人見知りが激しく、玄関でピンポンが鳴ると押入れに隠れてしまうそうです。だから、外部の人でたんちゃんを目撃した人はほとんどいません。

 

 

数少ない目撃者の一人が営業部のMさん。用事があって来訪した時、ピンポンを鳴らさず玄関を開けたら遭遇。Mさんのたんちゃんの第一印象は…

 

 

 

 


「悪い猫ではなさそう」

 

 

なかなかタフな猫で、ある日たんちゃんが2階の窓から外を見ている時、旦那さんが服を脱いでポイと投げたら、たんちゃんに当たってそのまま落下! 植え込みに落ちたけれど無傷で生還したそうです。

でも、もう落ちないでね。

 

好きな食べ物は「ちゅ~る」(猫好きなら知っているけど、それ以外の人はほとんど知らないあの「ちゅ~る」です)。飼い主とは付かず離れずの関係を維持して、のんびり暮らしています。

 

 

金魚も同居中。普段は気にしていないようですが、水槽を洗っている間、バケツで待機中の金魚に興味津々。

 

以上、Hさんの愛猫「たんこ」ちゃんでした!

 

紹介するペットを募集中!

「我が家のペット自慢」これから続けていきますので、うちのペットを紹介してもいい、ぜひ紹介したい!という方は、お近くのホームページ委員にお気軽に声をかけてくださいね! 紹介していただいた方には、ペットの写真入りクリアファイルを1枚プレゼントします。