コロニー東村山

ゼンコロ第4回発達障害者支援者研修

 さる12月6日、7日の2日間、一般社団法人ゼンコロによる第4回発達障害者支援者研修が行われました。日本全国のゼンコロ加盟法人から支援に係る職員が集まり、発達障害に関する支援について年に一度開催されているものです。

 今回は講師として、東京都発達障害者支援センターの柏木理江氏、NPO法人東京都自閉症協会役員 綿貫愛子氏をお迎えしました。柏木氏は、支援する側として多くの事例についてお話しいただきました。綿貫氏は、支援する側でありかつ当事者として、定型発達者から見ると不可思議に思える行動について、当事者として理論整然に解説されました。この専門家による講義は大変勉強になりました。

 他に、ゼンコロ加盟法人による、事例報告及び支援する上で悩んでいることについてグループディスカッションを行いました。各法人の悩みに多かったのは、支援されるご本人以外に、その周りの環境やご家族についての問題がありました。

  発達障害については、最近マスコミ等で取り上げられる機会が多くなっていますが、多くの事例を見聞し、当事者の方により適切な支援を行えるように皆で励みたいと思います。

2019年 仕事始め

コロニー東村山の2019年の仕事始めは1月7日でした。年末年始は9日間と長いお休みだったので、ちょっと久しぶりな感じがします。

始業時間になったら、お隣の丸亀製麺さんの駐車場をお借りして、恒例の集合写真を撮りました。

撮影中のカメラの後ろからパチリ

集合しているみなさんの後ろからパチリ

撮影終了。お疲れ様でした~

撮影後は食堂に集まり、所長、副所長から年始の挨拶。今年は平成から新しい年号に変わり、いろいろと変化のある年になりそうです。ホームページ委員会もコロニー東村山での出来事などを、こまめにお伝えしていきたいと思います。本年もよろしくお願いいたします。

ホームページ委員会 HM

2019年、亥年新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えるこの時期は、今年度の事業結果を気に病む時期でもあり「こころ穏やかに新年を・・・」とはいかないことも本音です・・・と毎回年頭のご挨拶の枕に述べさせていただいていますが、今年も同様で、12月までは数字的には順調ですが、3月決算が終了するまではやはり気をもむのは否めません。残り3カ月全従業員、利用者の先頭に立ち奮闘したいと思います。

いよいよ平成の時代もあと4か月となりました。本来であればコロニー東村山の30年を振り返りみなさまにご紹介するところではありますが、ちょっとはしょって10年間の大まかな事業状況について簡単に触れたいと思います。

売上高、加工高、加工高比率、損益等については表のとおりです。とりわけ売上高の減少は統計の初期は毎年2億円となっており、それ以降も1億~3千万円の減少が続いております。平成最終年度である今年度の見込も同様で前年度比△30,000千円にはなりそうです。売上高の推移を見ただけでも愕然としますが、依然として就労支援事業(印刷事業等)は予断を許しません。この間、設備等については必要最小限に止めながらも省力化を図りランニングコストを削減し、どの部署でも欠員後の補充を抑えるなど、毎年毎年の固定費削減の結果が現状の結果に至っていると思います。

迎えた新しい年は、新しい年号の年であります。新しい時代の始まる年として皆さまの期待も大きいと思います。コロニー東村山も新しい時代にふさわしい事業計画予算を作り上げ、コロニー東村山に関わる全ての方と大いなるスタートを期すことを約束したいと思います。

所長 星   忍

エピソード2018「命を繋ぐ」

「こんな夜更けにバナナかよ」と同じ障害をもつおじさん障害者を紹介するつもりで、10数年前「今宵も深夜劇場で…」とのタイトルで「リハビリテーション」の作品募集に応募し、思いがけず賞(二等賞副賞○万円)を貰ったことがある。受賞の理由はテーマと登場する障害者の生活がユニークなものだったからに他ならない。

昨年暮れ、そのモデルになったおじさんが緊急で入院した。わずか一月まえのことだが、この間の彼を巡る支援者の数々の役割を目の当たりにして、私たちコロニーが日々やっていることは、まさに命を繋ぐ一端を担う仕事なんだと認識を新たにすることとなった。

医療的に病気が回復すれば退院することは当然かもしれないが、障害者は簡単ではない。入院当初、家族と一緒に主治医の話を聞く席にいたが、障害から予想される可能性のひとつと前置きされたその後の生活を考えたとき、彼とのこれまでのいきさつからも、ことによっては仕事を辞めてでも…と覚悟したほど、自分の中で選択肢がなかった。

そんな中、退院に向けたカンファレンスでは、計画相談、病院のPT、CW、区のCW、訪問看護、居宅、日中の支援者等、10人以上の人が何回も集まって検討していただき、サービス時間の増、ヘルパー事業所の手配、車いすの改善等、短時間にどんどん決まっていった。日常の業務で責任ある立場にいながらそんな認識だったのか、とお叱りを受けそうだが、現場に居合わせたことで実感することとなった。あらためてコロニーを利用する全ての人の命を繋ぐとの思いで日々の業務に向かいたい。

本人はもちろん関係者の努力もあり幸い元気に退院することができ新年を自宅アパートで迎えた。流石に深夜劇場に再登場は難しいかもしれないが、バナナ食いてぇくらいは…了解です。

(ほ)

【余暇活動レポート】ピアノ共演に喝采!

今年も12月9日に開催された「福祉のつどい」に、利用者の皆さんと一緒に行って来ました!

お目当ては中央公民館3階ホールで催される発表会です。市内の施設や清瀬特別支援学校から参加された皆さんが、歌やダンス、バンド演奏を披露してくれます。コロニー東村山からは、栗原健一郎さん、聡二郎さん兄弟がピアノ演奏を披露。

司会者のお二人の紹介コメントの間、舞台袖で仁王立ちして待つ聡二郎さん。名前を呼ばれて「確認しまーす!」の声とともに舞台を横切り、ピアノの前で「エールね!」と一声。これから演奏する曲目です(笑)。

いつもと変わらぬ様子に思わず笑ってしまったのですが、演奏が始まるとびっくりしました!話には聞いていたのですが、ほんとうに上手で。次の曲「翼をください」は、兄の健一郎さんとの連弾。こちらも兄、健一郎さんの腕前がもっと上手だったこともあり、すばらしい演奏でした!

初めて二人の演奏を聴いた利用者さんたちも「すげぇ!」「ちょっと、ちょっと、うますぎじゃない?」などと大騒ぎ。コロニーでの二人とはちょっと違った面を見られて感心しきり。見る目も変わった?(笑)

お二人以外の発表もバラエティに富んだおもしろいプログラムで、1階にはいろいろな施設のアート作品の力作が展示されていたり、ガチャポンに挑戦してストラップや石けんをもらったりと楽しみました。

なんといっても、皆さんのお目当て、マクドナルドでのランチも好きなものをたくさん食べて大満足のようでした。

(a.o)

年末年始休業のご案内

コロニー東村山、コロニー印刷では下記の期間、年末年始休業とさせていただきます。

期間:2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

2019年賀状アートビリティ登録作品:「いのししの親子」 あじさい学園

※2019年の年賀状のデザインには、あじさい学園さんの作品を使用しました。

2019年1月7日(月)より通常営業となります。
よろしくお願い致します。

我が家のペット自慢 file04.くるみ

メリークリスマス!


印刷係、Hさんの愛犬くるみちゃんがサンタの恰好で登場です。

 

メスのマルチーズ。この12月で8歳になります。

犬を飼いたいという息子さんとペットショップに行った時に、息子さんに飛びついてきたのがくるみちゃん。それでこの子にしようと決めたそうです。

なかなかの芸達者で、お手、お座りはもちろん、拳銃でバーンと撃つ真似をすると、ひっくり返って撃たれたふりをしてくれます。人の感情が読めるので、家族がけんか中の時は自分にとばっちり受けないように近づいてきません。

かしこいね!

 

ジャーキーがとにかく好き。何かのごほうびにはいつもジャーキーをあげていますが、くるみちゃんは何かするたびにジャーキーを頂戴とばかりに自分から「ねえ、ねえ」と合図をしてくるそうです。

ジャーキーのある場所は知っています。

 

なぜか散歩があまり好きでなく、外に出てもなかなか歩いてくれないので、その時もジャーキーをあげて歩いてもらいます。

ジャーキーくれなきゃ動きませんよ。

 

 

家族3人みんなにかわいがられていて、代わる代わる3人の布団の中に潜り込んでくる、甘えん坊のくるみちゃんでした!

おやすみ~

 

「我が家のペット自慢」も今年はこれで最後。戌年の終わりにふさわしく、犬で締めくくりました。来年もまだまだ続きますので、引き続きよろしくお願いします!

 

カーボン・オフセット証明をいただきました

コロニー印刷ではオフセット印刷を行っています。

職場紹介2017【サポート刷版係 「時代の最先端 」】

上記の記事でも紹介しましたが、オフセット印刷を行う場合、コロニー印刷ではアルミのプレートに版を焼き付け、印刷機にかけて印刷を行っています。昔は大きな現像機を使い現像液の廃液が大量に出て、あまり環境に良いとは言えない状態でした。そこで廃液をなくしリサイクル工程を含め地球環境に配慮した、自動現像機・薬品が不要となる「完全無処理サーマルCTPプレート」に切り替え、地球環境問題に少しですが貢献できるようにしました。

プレートを切り替えるだけの簡単な作業と思われがちですが、そうでもありません。現像機を使った場合、プレートが現像されて版がはっきり見えるのでその時点でミス等も発見できたのですが、「完全無処理サーマルCTPプレート」は印刷機の処理水で現像するので、印刷するまで版がどんな状態かわかりません。刷版以前の工程での厳しいチェックが要求されます。プレートが違うと印刷機の設定も変わるので現場は大変な苦労がありました。

そして今年、プレートの販売元の富士フイルム株式会社様より、使用量に応じたCO2の削減量を記したカーボン・オフセット証明をいただきました。

証明が出ると今までの苦労が報われた気がします。

 

2018障害者週間・福祉のつどい

12月8日(土)、9日(日)、東村山市および東村山社協の主催の恒例「障害者週間福祉のつどい」が東村山市中央公民館で開催されます。

コロニー東村山からは栗原さんのピアノ演奏会が予定されています。日頃の練習の成果を披露してくれます。コロニーからもチームを結成し観覧予定です。

他にも市内の福祉施設の制作品の販売や、アート展など、二日間盛りだくさんです。

みなさんも是非足を運んでみて下さい。

第30回アートビリティ大賞&作家展

第30回アートビリティ大賞の各3賞、3名をご紹介します。

受賞者
アートビリティ奨励賞-渡部 一喜さん
日立キャピタル特別賞-水ノ上  茉優さん
アートビリティ大賞-木村 眞実さん

3賞・作家さんの詳しい情報はこちらです。

第30回アートビリティ大賞作家展
吉祥寺の貸画廊 ギャラリーケイで開催します!!

第30回アートビリティ大賞作家展会期

2018年12月6日(木)~12月11日(火) 12:00~18:00
※最終日は15:00まで

会場

吉祥寺 貸画廊 ギャラリーケイ
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 TEL:0422-21-2350

アクセス

JR中央線・京王井の頭線 吉祥寺駅から徒歩5分
http://www.galleryk.info/accessmap.htmlギャラリーケイの地図受賞者3名の素晴らしい作品を展示します!

※入場料等はかかりません。

みなさま、是非お越しください(#^.^#)

◇お問い合わせ先◇
社会福祉法人 東京コロニー・アートビリティ
TEL:03-5988-7155

今年も参加しました!ティーボール大会

11月10日(土)に開催された第20回関東健康福祉ティーボールオープン大会に、今年もまた私達コロニーチームは参加しました。

複数の部門に分かれているこの大会のうち、競技性の強い「選手権の部」に毎年参加させていただいていて、過去に優勝の実績もありましたが、昨年は惜しくも勝利を得ることができませんでした。

そこで今年はチームの団結と士気を高めるべく、コロニーチーム史上初めての新しい試みを行いました。

それは

なんと

なんと

コロニーチームのオリジナルTシャツを作りました!!

白地に首肩周りと腕の部分が緑のTシャツ上にコロニーのロゴや背番号のプリントをアートビリティに依頼し作成されたものです。背番号の字体や色、ロゴの大きさや位置、プリントの濃度と色具合等をテストプリントして確認し何度も検討したうえで完成しました。

そして当日、このTシャツを着用し、2試合連続で挑みましたが、対戦相手チームがどちらも守備・打席共に安定していてレベルが高く強豪で、コロニーチームも大健闘し得点差を打戦で縮めましたが及ばず、惜しくも今年も勝ち取ることができませんでした・・・(涙)

この強豪に勝つには、練習を積んで力をつけないと太刀打ちできないということを痛感させられた試合でした。

しかし、試合では負けたものの、汗ばむ程の陽気の中、参加された方々は皆ケガなく笑顔で本当に楽しくプレイされていて、勝ち負け以上にそれが一番大事なことなので、何より良かったと思っています。

また、当日は女子プロ野球団「埼玉アストライア」の選手も見えており、バッティングの指導を受けたり、他の参加チームより声がかかり交流試合という形でもう1試合させていただくなど、例年以上に充実した内容だったと思います。

来年こそは勝利して結果を持ち帰ることができるよう頑張りたいと思います。

参加された皆様、本当にお疲れさまでした。

(H.W)