コロニー東村山

コロニー東村山の書籍等デジタル化事業内容の紹介①

当事業所では、新規事業として2021年度より書籍等デジタル化事業を開始いたしました。
これまで印刷事業で培ったノウハウを生かしつつ、利用者の皆様に活躍の場を広めたい一心で新たな事業へとチャレンジした次第です。
障害者施設では全国初となる事業参画でしたが、おかげ様で2023年度までに官公庁様、民間企業様など、多数のお客様にご発注いただきました。

そもそも書籍等デジタル化事業ではどんなことをするのか?
デジタル化と一言で申し上げても、様々な方法がありますが、今回は原資料非破壊方法について紹介させていただきます。

書籍等デジタル化事業ではその名の通り、書籍や図面などの貴重な紙媒体原資料の情報を、専用のスキャナーでのスキャン(撮影)により電子データ化し、ご要望に応じた形で納品いたします。

デジタル化を行う理由はお客様ごとに様々です。
劣化による情報の消失を防ぐため、デジタル化することによるメリット(省スペースや情報活用の活性)を生かすため等、そのご希望をご相談いただき、ご要望に応じた形を提案させていただく場合もございます。

ここよりデジタル化(原資料非破壊方法)の基本的な流れを説明させていただきます。
お客様からデジタル化する原資料をお預かりした後、まず最初に行うのは事前確認です。
事前確認では、お預かりした原資料の数量や状況を確認し、破損状態や資料形態をはじめとしたスキャンする際に必要な情報を抽出します。


事前確認を終えると、いよいよスキャンとなります。
お預かりした原資料を丁寧に扱いながら、事前確認で抽出した内容を参照し、黙々とスキャンを進めていきます。

次の工程は、スキャンしたデータに何か問題がないかどうかチェックを行う品質検査です。ここでは作成した画像データにゴミやホコリが写っていないか、傾きやピンボケ、撮りモレや重複撮影がないかなど、検査項目は多岐に渡ります。

品質検査後はご要望に応じたデータ作りです。
納品画像形式への変換や、目次の作成、書誌情報(著者名や発行日などのメタデータ)作成など行います。そして、お客様のご希望する媒体にデータを格納し納品、お預かりした原資料の返却となります。

デジタル化事業は、これからの社会福祉に大きく貢献できる仕事です。
なぜなら、誰もが平等に必要な情報を得られる環境を整えることにつながるからです。書店や図書館の利用が困難な方々も、情報の受け取り方の選択肢が広がります。

またデジタル化事業は、印刷事業同様に多くの作業工程があるため、障害がある方にとって多くの活躍の場がある仕事になります。
当事業所でも、やってみたい、挑戦したいという利用者の皆様のお声を多くいただき、広く皆様に関わっていただけるように、スキャンや他工程を体験してもらったりしています。

昨今デジタル化の流れが大きくなる中、お客様の様々なご要望に応えられるよう、またさらなる受注拡大に向けて、デジタル化事業係を中心に事業所一丸となって邁進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

デジタル化事業係 KM

【余暇活動レポート】アートであそぼ!りんごのオブジェをつくろう!

3月23日(土)に余暇活動「あーとであそぼ!りんごのオブジェを作ろう!」を開催しました。

当日朝、冷たい小雨の降る中、皆さんワクワクした様子で集まって来ました。

講師はアート活動でお馴染みの臨床美術士進藤幸枝さんです。

最初に本物のりんごを持って、重さや匂いを感じ、その後一切れずつ味わいました。

これから作るりんごのイメージを感じていただきます!

材料はこれです!(白、赤、青、黄の樹脂粘土とアルミの針金)

利用者の皆さんがそれぞれどのような作品を作るのか、楽しみです!

皆さん、進藤さんの説明に耳を傾け、真剣に聞いています。

いよいよ、作品作り! 粘土をコネて色づくり 皆さん真剣です!


利用者さんの作品たちです!


色、形等、こだわりぬいたりんごたち。

同じものは二つとありません。

味の違う、りんごの香りが届きそうです♪

 

時事ドットコムで、当事業所の国立国会図書館書籍デジタル化の取り組みが紹介されました

時事ドットコムで、当事業所の国立国会図書館書籍デジタル化の取り組みが紹介されました
下記のリンクをご覧ください
「蔵書デジタル化、障害者担う 施設で作業「やりがい大きい」―国立国会図書館が事業委託」
利用者の皆さんが、この仕事に非常に誇りや遣り甲斐を感じ、
健常者と変わらない、もしくはそれ以上の力を発揮して作業をしています。

コロニー自主製品 3月の販売会

3月はイトーヨーカドー東村山店で自主製品を販売します!

 

今回は、ノートやレターセットの新作があります!

春に向けたデザイン等、利用者の皆さんに絵を応募して頂き

多くの作品の中から、以下の4点が製品になりました。

今回、ノート等の製品にならなかった人の春の絵等も、お買い上げいただいた方へのプレゼント用紙袋として、新しいデザインが加わっています。

皆が楽しく取り組み、素敵なデザインになっているコロニーの自主製品です。

ぜひ、お越しください。

【障害者就労施設の自主製品の展示・販売会】
日時:2024年3月15日(金) 10:00~15:00
場所:イトーヨーカドー東村山店 地下1階
主催:東村山市役所障害支援課

* コロニー東村山の自主製品は、障害のある利用者と一緒に作製した製品です。

印刷工場の廃材となった用紙や、式場から頂いたロウソク等を使用し
SDGsにも挑戦しています。

普通救命講習

2023年12月13・14日の2日間、普通救命講習が行われました。2023年度は初回講習、再講習あわせて24名が参加しました。講習を修了すると東京消防庁より「救命技能認定証」が交付されます。

講習は講義、実技指導を交えながら約3時間にわたり行われ、心肺蘇生法、AEDを用いた電気ショックの方法、気道異物除去、止血法の4つを学びました。

今年度も昨年度同様、感染症対策として、ハンカチを使用したり換気を要請するなどの動作が組み込まれた講習でした。協力者がいる場合はその人と協力し手分けして行い、協力者がいない場合でも一人でいかにして救命処置を行うかなど詳しく教えていただけました。

救命処置の目的は「生命を救うこと」「悪化の防止」「苦痛の軽減」の3つだそうです。要救助者の生命を救うことのみならず、励ますことで精神的な苦痛を軽減することも目的の中に含まれているとのことでした。

傷病者の意識の確認から周囲への援助依頼、呼吸の確認、応急手当までの一連の動作を教わりました

胸骨圧迫は強く速く絶え間なく。感染予防のため口元と鼻を覆っています

気道確保の方法を習っています

講習用の機械を使ってAEDの使用方法を練習しているところです

いざというときに、知識として知っていることと知らないとでは大きな違いがあると思います。今回学んだことを、もしものときに誰かの生命を守るため活かせるといいですね。

また、日々の生活の中で交通安全、体調管理などもしもに出遭わないための予防の意識も忘れないでいたいものです。

福祉のつどい「自主製品の販売」「パラスポーツ交流会」に参加しました!

【自主製品の販売】

12月8日(金)、東村山市役所前で自主製品の販売をしました。

「福祉のつどい」は、2020年度にコロニー東村山自主製品を初めて販売した場所です。当時はコロナ禍であり、職員2名で北風ふく寒い中での販売でした。今年は職員延べ3名と利用者3名、計6名で陽も暖かくおだやかな販売会が行われました。

販売場所(東村山市役所前)の様子

利用者の皆さんは、呼び込み、接客、商品の受け渡し、値札台紙貼り等で活躍しました。お客様との交流もあり、その中には、東村山市長の姿もありました。皆さん、楽しく販売し「またやりたい!」と話していました。

販売の様子

★今回の売れ筋商品
【箱メモ】

利用者が描いた絵の箱に、印刷工場から出た端材を使ったメモを入れています

【キャンドル】

クリスマス用のツリーや雪だるま

燃焼20時間以上、防災用にも使えるボタニカルキャンドル

【パラスポーツ交流会】

12月9日(土)に東村山市スポーツセンターで、パラスポーツ交流会をメインとした福祉の集いが開催されました。

ブラインドテニスやボッチャはもちろん、車イスバスケットなども体験できる本格的なイベントで、同時に手話体験や白杖体験、市内の障害者施設のパネル展示なども行われました。

開会の挨拶をする 満富副所長。一番左は渡辺尚市長

今年の福祉の集いの実行委員長は満富副所長が務めており、渡辺尚東村山市長と並んで開会の挨拶をされて、福祉の集いはスタートしました。

コロニー東村山のパネル展示は利用者さんが難しい作業の一つである「梱包」をしている写真をメインに据えて、他の施設との違いを出しました。展示スペースは自主製品を並べて直近の販売予定なども告知しました。スポーツセンターを訪れた方からは「このキャンドル買いたい!」などの嬉しい声も頂きました。

コロニー東村山のパネル展示コーナー

ひがっしーも登場で盛り上げてくれました!

手話体験も大賑わい!

指導員の方が丁寧に、競技用車いすの扱いを教えてくれました

パラスポーツ交流会も最初は様子見のお客様も多かったですが、少しずつ体験する方が増えてくると、「私もやってみようかな?」という方が増えてきて、午後には体験待ちが出来るほどの盛況になり、土曜日の余暇活動プログラムとしてパラスポーツ交流会に参加したコロニー東村山の利用者さんと職員も合流し、みんなで即興ポッチャ大会や、車イスバドミントンなどを行いとても楽しい時間を過ごしました!

他の市内の障害者施設の利用者さんも多く体験に訪れていて、慣れた様子でボッチャ等をし、久しぶりに?運動して「疲れた」!など多くの歓声に包まれた穏やかな土曜日でした。

障害者週間にあわせて毎年行われる福祉の集い。来年も皆さんが楽しめる企画が行われると思います。今年は残念ながら参加出来なかった皆さんも、来年の参加を是非お待ちしています!

二十歳のお祝い(旧成人祝い)をしました

2024年1月、二十歳のお祝い(旧成人祝い)を行いました。2022年4月、民法の改正により成年年齢が20歳から18歳へ引き下げられたため、昨年より当印刷所では、「成人祝い」から「二十歳のお祝い」に名称を変更して実施しています。

記念品の贈呈です

今回対象の方は1名。いつもの職場で、仕事仲間に見守られながらささやかな式典を行いました。所長より記念品の名入りボールペンが贈呈されると、大きな拍手が沸き起こりました。

二十歳、おめでとうございます! 新二十歳として、ますますのご活躍を!

コロニー自主製品販売のお知らせ

コロニー自主製品販売を下記の通り実施します!

障害のある利用者と一緒に作製した製品です。
印刷工場の廃材となった用紙や、式場から頂いたロウソク等を使用し
SDGsにも挑戦しています。

ここにしかない製品です。
ぜひお越しください。

【障害者就労施設の自主製品の展示・販売会】
日時:2024年1月19日(金) 10:00~15:00
場所:イトーヨーカドー東村山店 地下1階
主催:東村山市役所障害支援課

 

【多摩地域障がい者施設自主製品販売会】
日時:2024年1月23日(火) 10:00~17:00
場所:島忠ホームズ東村山店
主催:社会福祉法人東京コロニー コロニー東村山

2024.1月販売会チラシ【1枚】

第8回ゼンコロ版アビリンピックが開催されました

2023年10月21日(土)に第8回ゼンコロ版アビリンピック(交流型技能競技会)DTP部門が開催されました。ゼンコロとは東京コロニーが加盟する団体で、DTPというのはパソコンで印刷物の紙面をレイアウトする作業のことです。
今回もリモート開催ということで、青森、山形、東京(東村山)、福岡の各法人をインターネットでつなぎ競技が行われました。

コロニー東村山からはDTP係Aさん、サポート係Mさん、システム係Mさんの3名が参加しました。
普段ならお休みの土曜日、いつもの出勤時間より早い時間のスタートにもかかわらず参加してくれたのですから、みなさんとても意欲的です。

DTP係AさんはDTP部門が作られてから毎回参加している常連ですが、システム係Mさんは初参加。後で聞いたらだいぶ緊張していたそうですが、そんな風には見えずかなり斬新なアイデアを披露してくれました。

今回の課題は、架空のデザインスクールが運営するDTP講座のテキストの表紙を作成するというものです。入門編と実践編の2冊分をデザインし、制限時間の2時間で仕上げなければなりません。

過去の課題はすべてチラシの作成で、表紙の作成というのは今回が初めて。戸惑った方もいたようですが、各自工夫していろんなタイプの表紙案ができあがりました。

緊張と集中の2時間を終えた後は、ランチタイムでほっと一息。午後からはインターネットを介しての懇親会が行われました。
参加者それぞれ、自分の作品に込めた意図や思い、工夫した点、苦労した点などを語ってくれました。最後は参加者に素敵なお土産が配られ、無事に開催終了。皆様、お疲れ様でした!

~そして~

後日、審査結果が発表され、なんとサポート係のMさんが見事「技能賞」を受賞しました。

所内で行われた授賞式では、事業所長より表彰状と副賞が授与されました。
授賞式に参列したサポート係のN係長やUさんからは「Mさんの実力なら受賞して当然!」などのうれしいお言葉をいただきました。Mさん、おめでとうございます!

来年も、参加者3名のみなさんの参加を期待しています。

今回参加してくれた3人から感想をいただいているのでご紹介します。

DTP係 Aさん
2023年10月21日の土曜日に行われた第8回ゼンコロ版アビリンピックに参加しました。
今年の課題は例年のチラシ作成とは違い、冊子の表紙を2種作成するというもので、ワクワク感と不安が半々と言った感じで臨みましたが、今年から材料の事前準備が可能になった事も手伝い、無事に課題を完成させることが出来ました。
前年度は課題を完成させることが出来なかったので、その点は嬉しくホッとしましが、反面テキスト内容のミス等、課題も多かったので反省し、機会があれば次回に活かしていきたいと思いました。

サポート係 Mさん
サポートのMです。
皆様のおかげで技能賞を受賞できました。
今回のお題は“教科書用の表紙”でした。「受講意欲を高める様なデザイン」にして欲しいとのことでした。そこで色々悩みました。「競技だから個性を出さないといけない、でも教科書なら派手過ぎるのもやり過ぎ…」等と考えていました。最終的にイタリアンっぽくしつつ、色味を抑えてみました。
その甲斐あってか、賞が頂けました。ここまで来れたのも、皆様の応援、ご支援があったからです。毎日皆様に助けて頂いて、感謝しております。
これからも精進して行きたいと思います。皆様変わらずのご支援の程、どうかよろしくお願い致します。この度は誠にありがとうございました。

システム係 Mさん
今回が初参加です。お題が「講座テキストの表紙(2種)」のデザインということで、構図を考えたり、材料を1から全部自分で作ったり、とにかく自分の好きな要素を詰め込みまくったり、と難しく大変でしたが楽しかったです。
当日は時間内に作業するのがとても大変で、かなり緊張しました。
緊張で頭真っ白の状態のなか、ほぼほぼイメージ通りに制作できたので個人的に満足です! が、私の理解力が足りず、一番重要なサイズのミスをしてしまい、とても悔しかったです。今回参加してみて、とても楽しく新鮮で面白かったので、機会があればまた次回も参加出来たらと思います。

2024年 仕事始め

1月4日は、令和6(2024)年の仕事始めでした。

今年は暦の関係で、6連休という、比較的短めの年末年始休暇でしたが、在籍者一同、元気に新年を迎えています。

利用者の皆さんのイラストで飾られた新年のポスターが、玄関で迎えてくれました

今年は昭和でいえば99年。平成に変換する36年となりました。子供のころ「明治百年」という言葉を耳にしたことのある身としては、来年には昭和百年を迎えるのかと思うと、なかなか感慨深いものがあります。

本年も、こちらのブログを通じて、コロニー東村山のさまざまなトピックをお届けできればと思います。

今年もコロニー印刷をよろしくお願いいたします。