イベント

コロニー祭ステージ班より

 
今年もまた熱いお祭りの季節がやってまいりました。
今年は東日本復興を祈っての祭典となっておりますので、
いつも以上に力の入ったステージが繰り広げられる予定です。

1番バッター、毎年夢を届けに来てくれる
バルーンアートのピエロさん。
そして、昨年好評を得たピエロさんとの子供ジャンケン大会。
勝者にはきっと何か良い事が…

お昼近くには初出演のパント大吉さん、
抱腹絶倒のパフォーマンスが期待されます。

次には根強いファンの多い民謡のステージがあります。
今年は特に誰もが知っている東北民謡が心を刺激することでしょう。

和の次は洋!? Hip hopな時間もあり?…出演交渉中!!

最後の取りを紹介します。
Brown Coast このバンドも私達の祭に無くてはならない調味料のような
存在で笑顔の絶えない仲間って感じでしょうか。
今年はまた新譜を披露して頂けそうですよ。

残暑なんて吹っ飛ばす勢いのステージをどうかご覧ください。

準備は着々、コロニー祭

 
9月10日に開催される東村山コロニー祭。会議風景1

模擬店の出し物も着々と準備が始まっています。

今年は、東日本大震災被災地復興支援ブースも登場します。被災された障害者施設製品を販売し、ボランティアとして現地に赴いた、東京コロニーのスタッフ3名が撮った写真も展示します。被災地の現状へのご理解とともに、製品をお買い上げいただくことで被災された施設へのご支援をどうぞよろしくお願いします!

販売予定の製品は、あぶら麩丼(宮城県名物あぶら麩が、簡単便利なレトルトの丼具材になっています)、すずかけコロッケ(東北地方の食材を使ったこだわりのコロッケです)、福幸梅(陸前高田から、復興にかけた地元産のおいしい梅干です)

どうぞお楽しみに!

第31回コロニー祭!

 
第31回コロニー祭りが近づいて来ました。
開催日は2011年9月10日 10:00~15:00です。

今回は東日本大震災被災地復興支援というテーマで、被災地の障害者施設製品の販売や現地の写真展示を行います。

例年通りナイスハートバザールやコロニーの模擬店もありますので、皆様のお越しをお待ちしております!!

内容が決まり次第、順次ブログにアップしていきます!
こうご期待!

コロニー祭のキャッチフレーズが決まりました!

第31回東村山コロニー祭のキャッチフレーズが決定しました!

「今、ここから希望が生まれる。

      コロニー祭からエールを送ろう!」

 
キャッチフレーズ募集に対しまして、皆さんからたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました!

コロニー祭委員会で審査の結果、製造部・江副さんと二宮さんの作品を採用させていただきました。

お二人の作品を、コロニー祭実行委員会で合体させ、今年のキャッチフレーズとさせていただきます。

日帰り旅行の報告です!

 
遅くなりましたが、6月10日(金)に実施された日帰り旅行のご報告です♪

梅雨に突入したばかりだというのに、雨に降られることもなく、絶好のお出かけ日和となったこの日。利用者の皆さんがずっと楽しみにしていた日帰り旅行がやってきました。(前の日の職場は、心ここにあらず、ソワソワしている人も何人かいたりして^^;)

行き先は「しながわ水族館」と「上野動物園」。そしてお昼は、品川プリンスホテル内「リュクス ダイニング ハプナ」での豪華バイキングでした。

水族館で、全長22mものトンネル水槽の中を歩き、泳ぐ魚を下から見上げるという珍しい経験や、イルカプールで幸運にも、ショーの練習をしているイルカも見ることができました。


水族館を見学した後は、お隣の品川プリンスホテルに移動して、いよいよお待ちかねのランチバイキング! 和・洋・中華、そしてスイーツと、豊富なメニューが勢ぞろいしたハプナのバイキングに、どれから食べようかと皆、ワクワク!ついつい食べ過ぎてしまいました!(中にはお料理には目もくれず、ひたすらスイーツを攻めまくる人も^^;)

お腹いっぱい、満足した後は、上野動物園で腹ごなしのお散歩です。この春からお披露目の新しいパンダを見るのが目的の一つでしたが、残念ながらパンダはお尻しか見せてくれませんでした(笑)。そのかわり、迫力満点のトラやライオン、サービス精神旺盛のゴリラを見て、みんな、おおはしゃぎ。中にはそういった動物園のスターたちには目もくれず、なぜかインコに夢中の人もいたりして・・・(笑)


全員集合!・・・みんな集まるとすごい人数ですね。

帰りのバスはカラオケ大会。意表をつくチョイスが大ウケのKさんの「さそり座の女」や、なぜか原曲をことごとく無視!すべての歌を自分流にアレンジしてしまう人、普段はおとなしい人が度胸のある歌いっぷりだったり・・・

あの人やこの人の意外な一面をのぞかせつつ、バスは一路、東村山工場へ。

お疲れ様でした。
楽しかったね♪