IGAS 2011


少し前の話になりますが、9月16~21日に東京ビッグサイトで開催されたIGAS 2011(国際総合印刷機材展)に行ってきました。

前回はビッグサイト全館を使用していたのですが、震災の影響や印刷業界の現状を反映して寂しい事に規模が縮小され、東館のみで行われました。

展示内容は、以前のような大型の印刷機中心から、大型、小型の様々なインクジェット印刷機の出展が数多く見られ、いままでの「大部数」、「ハイエンド印刷」から「少部数」、「バリアブル(可変)印刷」への流れが鮮明になっていました。

東日本大震災で用紙工場やインク工場が被災した事もあり、材料が値上がりし、クライアントは省コスト、省資源の為に電子化する所が増え 印刷会社にとっては非常に厳しい現実が突きつけられています。

そこで上記のような差別化の為の少部数、バリアブル印刷といった流れが今回のメインであったわけです。ただインクジェット印刷機は、通常の印刷機並みに価格が高くこの状況では、流れがわかっていても、なかなか設備投資が出来ないのが現状です。

とりあえずは現状の設備で紙の印刷でしか成し得ない何かを見つけることが必要なのだと思います。

というわけで、がんばりますので皆さんコロニー印刷をこれからも宜しくお願い致します!!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です